パーキンソン病の治療法について

パーキンソン病は脳の神経系の病気で、神経伝達物質であるドーパミンの減少によって、手足が震えたり、動作が遅くなったり、筋肉が硬くなるなどのさまざまな症状が起こります。この病気の原因は不明で、完治は難しいと言われていますが、適切な治療をすれば症状を改善したり進行を遅らせることは可能になります。パーキンソン病の対策としては、ドーパミンを補うような薬物療法が中心となりますが、この他では手術が行われる場合もあります。

↑PAGE TOP