痛風の原因はプリン体のとりすぎ

痛風とは、「風が吹いただけでも痛い」ということからついた名前で、病態としては尿酸という物質が末梢の組織に溜まり結晶化することによって慢性的な炎症を引き起こすというものです。痛風の原因となる尿酸はプリン体という物質を体内で代謝した時に生じ、正常に体外排出が出来ないと結晶化します。このプリンですが核酸の構成成分ですので、魚卵など細胞核の割合の高いものが主な原因となっていますので、取り過ぎには気をつけなくてはなりません。

↑PAGE TOP